目指せ1000万貯蓄!新妻の貯金方法。

最近、女性の社会進出が進んでいることもあり、結婚してからも財布は別々!という夫婦が増えているそうです。この場合、夫婦の生活費はお互い決まった金額を共通の口座に振り込み、あまった分は自分たちの好きなように使えるというものなんですが、これはお互いのお金の動きが見えないので貯金には不向きです。

相手が貯金しているだろうと、相手任せになり、実際にお金が必要な時になって絶望した夫婦がいらっしゃいました。結婚して、子どもがいない我が家は、今がお金の貯め期です!我が家の場合は、夫のお給料は生活費に、私のお給料はほぼ貯蓄に回します。

結婚すると、新居への引っ越し、結婚式、新婚旅行などで、それまで貯めていた貯金がほぼ消えてしまいます。だから、貯金が必要なのです。結婚してからは、子どもができたときのため、老後のために貯金をします。私は、27歳~30歳までの3年間で家庭内貯蓄1000万を目標にしています。

明確な金額を設定しておけば、やる気もでますし、節約も頑張れます。貯蓄が苦手な方は、給料日に毎月決まった金額を天引きできるように、銀行に行って定期預金をすることをおすすめします。100万円貯まるまでは、預金の口座は1つに絞りましょう。ある程度貯まったら、投資信託やネット銀行など、金利が高いところに預金することもおすすめです。