冬こそ気にしたい!ガス代節約術

寒くなってくると暖房器具やお湯を使う機会が増えますよね。その結果、夏に比べて光熱費が倍くらいに膨れ上がてしまった、なんてことになっていないでしょうか?我が家はまさにその状況で、現在慌てて光熱費の節約に取り組んでいるところです。我が家で一番気になったのはガス代です。ガス代節約の要は、ガス代の大部分を占めているといわれる入浴の見直しです。冬はどうしても熱めのお湯を長時間使用しがちですよね。そもそも、なぜ冬になるとこんなにもガス代が跳ね上がるのかというと、気温の低下に伴い水温も低くなっているため、そこから設定温度まで上げるのに余計にエネルギーを使うといわけなんです。

なので、使用量を気にするのはもちろんですが、1度でも設定温度を下げることも重要です。しかし、あまりにも設定温度を低くしすぎて体が温まらず、風邪をひいてしまったなんてことになったら元も子もないので、無理のない範囲でする必要があります。参考までに、我が家では41度に設定しています。これだけだとお湯を止めたときにあまり体が温まっておらず寒いので、最近賃貸マンションでもよく見かける24時間換気機能にある暖房を入れています。さらに、上がる前に温度を上げて熱いお湯を少しの間浴びるようにしています。これで寒さも感じずお風呂上りはポカポカなのに、ガス代の節約が見込めます。