本当に投資は危険で貯蓄は安全なのか?

皆さんは投資というとどの様なイメージを持つでしょうか?

「欲深いやつがやりそう」「ギャンブルでしょ?」「ネットで株やFXで人生オワタ的な体験談をよく見かけた・・・」等、あまり良いイメージを持つ人は少ないと思います。

しかし今の超低金利の時代、ゆうちょ銀行の定期預金を利用しても金利はわずか0.01パーセント、預金による金利でお金が増えることはほとんど期待できないでしょう。

確かに貯金は投資と違ってお金がマイナスになることはまずありません。

しかしお金が減ることもないし増えることもない、それって本当に良いことなのでしょうか?

今の世の中はどんどんインフレに向かっていて、物に対するお金の価値が下がっていくと予想されます。

仮に500万の貯金があったとしても、10年後に貯金額500万という数字は変わらないとしてもインフレでお金の価値が半分になり実質の価値としては250万円分の価値しかない、ということもありえるのです。

投資では株やFXを第一に思い浮かべる人が多いと思うのですが、それらはハイリスクハイリターンで投資上級者がやる投資方法になります。

最初は少額の資金から始めることができ、尚且つ専門的な知識があまり必要ない「投資信託」がお勧めです。

FX等と違い大きな増額は見込めませんが、小さい幅で増減を繰り返しながらも長期的に見ればおよそ年利5パーセントは見込める投資です。

定期預金の0.01パーセントよりも断然お得ですよね。

投資信託はいちどお金を投資してしまえば、後は機械やお金のプロたちが資産の運用をしてくれるのでパソコンの画面にずっと張り付いていなければいけないということもありません。

投資を始めることで世界や日本の経済や政策についても興味をもちながら見る習慣もできるので今の世の中を知る事、未来はどうなっていくんだろうと予想する癖ができて新聞やニュース、雑誌をみたり人との雑談がより楽しくなります。

世の中の不況に打ち勝つためにも、皆さんも是非投資信託から始めてみてください。